ドレスと確認しておきたい?小物の選び方

全体の印象も左右するアクセサリー

ドレス選びにばかり気を配って他がおざなりになってしまうのは勿体ないの一言。一緒に身に付けるアクセサリーは全体の印象を変えるので、ぜひ抜かりなく選ぶようにしましょう。
アクセサリーを選ぶときは、まずドレスに合うかどうかが重要なポイントになります。ドレスを主役に置きたいときは、シンプルなアクセサリーを着けるのが良いでしょう。ドレスがぐっと引き立ちます。逆にシンプルなドレスにボリュームを出したいときは、華やかなデザインのアクセサリーを使うのがおすすめ。真珠であれば二連にしたり、ストーン系の豪華なものを探してみましょう。
会場の雰囲気に合わせて選ぶことも重要です。特に挙式ではシンプルなアクセサリーを選ぶ人が多いですが、これは式の神聖なイメージを守るためです。披露宴ではアクセサリーを取り換えて印象を変えるという人も多くいます。

グローブはどうやって選ぶ?

普段身に付けることがあまりないため、選ぶポイントが分かりにくいのがウェディンググローブです。基本的なところを押さえて、ドレスに合う一品を探しましょう。
まずは素材に注目します。サテンは正統派の定番グローブ。きっちりしたイメージがでるので、教会やホテルなどの挙式におすすめです。安物のサテンは綺麗に見えないので、価格だけで飛びつかないように注意したいところ。透け感のあるオーガンジーは、ガーデンやリゾートなどの明るいイメージの式にぴったりです。可愛らしい印象になります。ゴージャスなイメージのあるレースも、人気のある素材です。
グローブにはいろいろな長さがあり、ドレスとのバランスも考えながら一番いい長さを選ぶ必要があります。最近ではフィンガーレスタイプも人気。指輪交換の際外す必要がなく、ネイルも綺麗に見せることができます。