足元まで綺麗に?ウエディングシューズについて

シューズは全てを支える

「裾の長いウェディングドレスを着るのだから、靴は適当で」というのは安易な考えです。階段を下りるとき、写真をとるときなど、結婚式の最中は意外に足元が見えるものです。ドレスや髪型だけではなく、足元にまで気を配って理想の結婚式を実現させましょう。
デザインにばかり注目してしまうウェディングシューズですが、歩きやすさや安定感も重要なポイントです。適当に選んだシューズが足に合わないとなれば一大事。下手をすると結婚式の思いでは足の痛みだけ、といった結果に終わりかねません。ネット注文も簡単な現代ですが、シューズに関してはできるだけ試着してから選ぶようにしましょう。レンタルで履き心地のいいものが見つからなければ、購入することも視野に入れなければなりません。早めの準備が不可欠です。

高さは重要なポイント

ウェディングシューズで重要になるのが、ヒールの高さです。高いヒールを履いたら、裾から足が丸見えになった、というのはよくある失敗。高さによってはドレスの裾を調節する必要があるので、実際に着るドレスに合わせてシューズを選ぶ必要があるのです。もし最初から購入するつもりなら、ドレス試着までに購入してしまうのがベスト。それに合わせてドレスを選び、裾を調節することができます。
花嫁のウェディングシューズには、花婿との身長差を調節する役割もあります。あまり背の高さが変わらないカップルだと、花嫁がヒールを履いたことで身長差が逆転してしまうこともあるので注意が必要です。一般的に花婿と花嫁の身長差が10センチほどだと収まりがいいと言われているので、シューズを選びには2人で行くのもいいかもしれません。